【医院 開業 コンサルティング・経営 コンサルタント】歯科 眼科 皮膚科 美容外科を開業され自由診療の患者を増やしたい方への無料広告・有料広告アドバイス

病院登録 検索サイト登録 医院
トップページ サービス 治療費.comへの登録 バナー広告掲載 お問い合わせ

  今から間に合う勝ち組対策

メール サイトマップ
コンテンツ
ご挨拶
会社概要
治療費.com及び姉妹サイトの紹介
今から間に合う勝ち組対策
インターネット宣伝広告市場
患者様の声
登録医院様の声
登録医院様専用


ヤフー

ヤフー  病院、診療所 > リンク集と総合情報

治療費.comはYahoo!正式登録サイト

歯科専門コンサルティング
会社概要
求人案内 [正社員・名古屋]
Facebook
My Yahoo!に追加
Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録

 

 今から間に合う勝ち組対策!!
 保険収入が確実に減少する将来を見据えて、今から間に合う対策をご提案いたします。

今後の予測・・・・
  1. 診療報酬の大幅な引き下げ
  2. 70歳以上の医療費自己負担割合の引き上げ
  3. 医療費の一定額を保険対象から外す「保険免責制」の導入
上記により、今後 『保険収入は、確実に減少する』 ものと思われます。
ある金融系シンクタンクによると、『近い将来、歯科医師の平均年収は600万円になる』という試算がでています。
今から、あらかじめその時代を見据えて準備をしておかなければなりません。

【参考資料】
『財政制度等審議会が06年度予算編成の基本方針を提言する意見書の素案が10日明らかになっ た。医療制度改革について「06年度から効果が生じるような公的医療給付費の抑制策に取り組む必要がある」と指摘。70歳以上の医療費自己負担割合の引き上げや、診療報酬の大幅な引き下げ、医療費の一定額を保険対象から外す「保険免責制」の導入などを求める。21日に谷垣禎一財務相 に提出する。』 <引用-毎日新聞>

『保険診療と自由診療の併用を認める「混合診療」について、解禁を目指す規制改革・民間開放推進会議と、限定的な適用にとどめたい厚生労働省との折衝が大詰めを迎えている。・・・途中省略
先週、都内のホテルであった厚労相と村上誠一郎規制改革担当相や宮内義彦改革会議議長らとの折衝。「首相も年内解禁の方向で結論を出すよう言っている」と迫る改革会議側に、厚労相は衆参両院で事実上混合診療に反対する請願が全会一致で採択されたことを指摘し、「日本は議院内閣制だ。 大統領制ではない」と言い放った。』 <引用-日東日報>


勝ち組になるにはどうしたら良いの・・・?
自費治療の知名度を高め、医院名を世間一般に広く認知させることです。

つまり・・・
「自費治療ならこの病院っ!!」という、地域のランドマーク的存在になることです!!

具体的に何からはじめたら良いの・・・?
読売新聞の『ネット利用者9,000万人超・・・ブロードバンド利用73%』より、日本のインターネット利用者数(推計値)が初めて9,000万人を超え、4人に3人まで普及が進んでいることが4日、総務省が今年1月に実施した通信利用動向調査で分かった。
もはや文句のつけようのないマスメディアです。
マーケティングの手段としてこれを利用しない手はないでしょう!
つまり・・・
タウンページや、野立ての看板などに、月々5万、10万円という多額の経費を投じる時代は終わったのです!!

今後、インターネットでの宣伝広告にどれだけ早く着手するかが、10年後の勝敗を決める大きな要因と言っても過言ではないでしょう。

弊社運営サイト「治療費.com」ができること!!
 絶大なアクセス数を誇る、国内最大規模の自由診療専門医院検索サイト「治療費.com」へ、貴院様の情報を掲載することで、多くの患者様が貴院様のホームページを訪れることが予測できます。
 ただし、貴院様ホームページへのリンク設定があるのは、月額有料(20,000円/税抜)となっています。
なぜならば、他の無料登録医院様と掲載方法において格差を出すためには、管理が必要だからです。

 当然、誰もが「月額20,000円(税抜)を支払い、費用対効果はあるのか?」とご心配されるでしょう。
しかし、よく考えてみて下さい。
 万が一、治療費.comをみた患者様が、たったの1人しか来院しなかった場合、貴院様は大きく損をするでしょうか。
ただでさえ、利益率の高い自由診療の患者様が1名いらっしゃっただけでも、いくらかの利益は発生します。それだけではなく、その患者様が治療に満足されたら、ご家族や、ご友人を紹介してくれるでしょう。もしくは、口コミ情報を送ってくださるかもしれません。
1名来院されたことで、将来的には数十人にも数百人にも膨れ上がる可能性があるのです。

 貴院様のライバル医院は、既にそのことに気が付き、対策をとっているかもしれません。
現状ではなく、この先5年、10年・・・を視野に入れて、行動を起こす時期は今です!!

登録された医院様は知っています。
治療費.comへの登録が、自費治療の増加への近道だ!ということを。

治療費.comへの登録案内を見る


お問い合わせはこちらから

Copyright(c)2004 歯科・眼科・皮膚科・美容外科の医院 開業 経営コンサルタント(コンサルティング)のJapan Web Court all rights reserved.